東京カレンダー(東カレ)2023年9月号

「下北沢」という刺激。(表紙:白石 麻衣 発売日2023年7月21日)

昨今話題の「下北沢」。小田急線の地下化により新しい商業施設が立ち並び、イマドキでお洒落なお店が駅周辺を賑わせている。

一方、昔ながらのカルチャーを感じさせる“下北らしい”人気店は健在だし、高級住宅地という側面を持つ「下北沢」に住む上質な大人たちを満足させる良店も存在している。

そんな多種多様な店が混沌とする「下北沢」が今、面白い。

港区で艶やかな夜を過ごすのも必要だが、幸せの本質を求め出した現今、“色っぽさ”より“楽しさ”を叶えてくれる「下北沢」も、もはや無視できないエリアなのだ。

東カレ初となる“下北特集”、とくとご覧あれ!

東京カレンダー(東カレ)2023年9月号「「下北沢」という刺激。(表紙:白石 麻衣 発売日2023年7月21日)」に掲載されているレストラン

『新井屋』監修の焼肉店。
カジュアルな居酒屋やラーメン店が多く立ち並ぶエリアにあって、ひときわ目を引くシンプル&クールな店構え。
カウンターと落ち着けるテーブル、シーンに応じて選べるフロア構成も心憎く、水道橋を訪れる機会が増えそうだ。
「NANSEI PLUS」にあるメキシカンタコス専門店。
カウンターではトルティーヤを焼く風景も眺められ、バー感覚でお酒やタコスを満喫できる。
サクッと訪れ、タコスで一杯。常連客のスタイルをまねて雰囲気に酔いしれたい。
渋谷きっての個性派鮨店。入口は裏にある殺風景な鉄扉。中に入れば鮨カウンターがあるが、隣にはDJブースが置かれ大将はTシャツ姿とすべてが型破りだが、大将の降矢さんは鮨職人歴27年のいぶし銀。
渋谷の美味しい夜遊びデートにぴったりの一軒だ!
気軽かつ、限定感のある鮨デートなら、恵比寿のこちらが最新かつ理想。
『鮨 くりや川』の厨川さんが弟子の活躍のために設けた日月限定の鮨店。
木材を多用した正統派かつシンプルな店内には個室も用意。日曜と月曜は20代の客も多く気取らない空気感だ。
歌舞伎座裏に暖簾を掲げる鮨店。
料理長自ら「銀座での鮨デビューの入口として使ってもらうための店」と言い切る。だから、この店の純然たる和の店構えに臆することはない!
大切な誰かに鮨をごちそうしたい日に覚えておきたい一軒だ。
「八芳園」内にあり、“イノベーティブ・フュージョン”をコンセプトに、ジャンルにとらわれない料理を提供するレストラン。
カウンターの背後は、全面ガラス張り。庭園の中にいるような気分で食事を楽しめる。
個室も4つあり、会食での使い勝手も抜群!
中華の人気店『エンジン』が提案する、居酒屋仕立ての本格中華料理店。
厨房を取り囲むようなコの字カウンター。ライトが灯るウッディな空間は居心地が良く、まさに大人の「深夜食堂」の趣がある。
深夜2時までの営業も頼もしい!
世田谷の閑静な住宅街の一角にあるビストロ。
木を多用した店内のほっこりしたムードに和む。気軽に行けて心が安らぐ、日常のオアシスだ。
その一方で、シェフのキャリアに裏打ちされた上質な料理は、いつものデートを彩ってくれる魅力がある。
銀座の交詢ビルの向かいの通りに行燈を灯す老舗鮨店。
カウンターから外を見渡すと緑が見え、落ち着いた雰囲気。
鮨は、江戸前でありながらは店主・青木さんのホスピタリティも感じられる。
本当にいいものを知る相手を喜ばせられるはず!
今の〝下北〞らしいエッセンスも感じられる、ちょうどいい鮨となれば『はしり下北沢』が正解。
L字カウンターの店内は鮨店と思えないほどモダンでくつろげる雰囲気。
〝下北〞デートの〆には、こんなちょっとした贅沢が嬉しいものだ。
いかにも“下北”といった空気が漂う鎌倉通りにある和食店。
キッチンを囲むL字型カウンターは全10席。調理過程を眺めながらゆったりと食事を楽しめる。適度に仄暗い照明も心地いい。
流れる空気は静謐で、じっくりと美味に向き合える。
池ノ上駅から徒歩1分にあるイタリアン。
来客も絶えない理由は、本場感あふれる空間と、イタリアを旅しているような錯覚に陥るコース!
店内には陽気なイタリアのイメージそのままに、外国人のスタッフやゲストも多く連日賑わいを見せている。
東北沢駅から徒歩1分。ビルの2階にある肉割烹。
まず驚くのが靴を脱いで入店すること。照明を絞ったL字型カウンターでは、裸足の解放感もあり、寛ぎモードに。
テンポよく供されるコースに、ふたりの距離も自然と縮まる♡
永田町の一軒家鮨店。
神代杉や玉欅からなる趣ある店内でカウンターに立つのは大隅さん。
親方の金坂さんが見抜いたとことん凝り性な職人が今、最高の魚を手に躍動中。〝かねさか〞の響きの安堵に続くのは大隅さんの個人技による驚きだ!
蕎麦通に愛されてきた西麻布『蕎麦おさめ』が目白に移転。
店があるのは目白駅から徒歩7分、目白通りより入る小路の先。
古民家をリノベーションした店内は、築100年の面影を残しつつも、モダンな趣が漂う。日本酒と共に蕎麦三昧と洒落てみたい。
下北沢の“一番街”を抜けた右手に立地にある未知のスペイン料理を伝える人気店。
カウンターは、厨房に面していて臨場感抜群。漂う空気はバルの気軽さ。
知られざる「スペインの味」が気取らないデートを盛り上げてくれるはず!
下北沢駅西口から徒歩4分。鎌倉通りを一本入った、アパートの奥にあるビストロ。
フランスのビストロ文化に感銘を受けた店主が現地そのままを志して作り込んだ内装やインテリア、BGMなど、細部に至るまで徹底したこだわりが実に“下北”らしい一軒だ!
吉祥寺駅公園口から「井の頭恩賜公園」へ向かう路地にある人気ビストロ。
メニューはいずれもパンとのマリアージュをテーマにしており、1品ごとに料理に合うパンがついてくる。気に入ったパンを買って帰ることができるのも嬉しい。
銀座『鮨よしたけ』で研鑽を積んだ大矢さんが2023年5月に開業した神楽坂の鮨店。
こちらで味わうべきはシャリとネタが織りなす最高の一体感。
カウンター7席、個室という店内は、随所に美意識が潜んでいる。
吉祥寺駅前の喧騒を避けるようなビルの地下にあるフレンチレストラン。
フレンチの技法に和の要素も採り入れた料理は、すべてが計算しつくされていている。馴染みの家族連れも多いが、カウンター席でひとりゆっくり楽しむ常連客の姿も。