東京カレンダー(東カレ)2023年10月号

麻布十番の熱気。(表紙:吉岡 里帆 発売日2023年8月21日)

ギラギラした街で遊び尽くし、内面や経済的に余裕が出た大人が落ち着いた艶やかさを求めて辿り着く。

それが麻布十番。

最寄り駅がない頃は「陸の孤島」と呼ばれ、その隔絶感に惹かれた芸能人や在住アッパー層が闊歩するまさに選ばれし者たちの聖域だった。

時は流れ、コロナで人の流れが止まっても、「富裕層が暮らす陸の孤島」は自国の中で進化をしつづけ、気づけば今、より魅力を増している。

そして、新店が続々誕生している麻布十番は今、かつてないほどアツい夏を迎えている。

東京カレンダー(東カレ)2023年10月号「麻布十番の熱気。(表紙:吉岡 里帆 発売日2023年8月21日)」に掲載されているレストラン

超人気店となった『エクアトゥール』の国内最後のプロジェクト。
『カンテサンス』での修業を経て、小野シェフの右腕として奮闘してきた中川 巧さんの料理を楽しめる新店として、早くも話題だ!
2023年いっぱいとなる見込みの期間限定の試み。可及的速やかに体験したい。
麻布十番の賑やかさから一歩離れたマンションの2階にある中華料理店。
店内はムードたっぷりの仄暗い空間。カウンターにはセンスのいい小皿やボトルがずらりと並び、まるで洒落たビストロのよう。テーブル席と個室も完備し、使い勝手も抜群だ!
カリスマ仲卸し『やま幸』が仕掛けたカウンターイタリアン。ビルの2階に潜む隠れ家的シチュエーションも◎。
開放的なオープンキッチンを取り囲むように並ぶカウンター席は14席。素材感を生かした美味しさは、食べ慣れた大人の舌にこそよく似合う。
食通に「麻布十番の和食といえば?」と尋ねると、まず名前が挙がるのがこちら。
温かみのある店内は、カウンターとテーブル席を用意。料理はいずれも出汁にこだわった和を貫き、ポーションも絶妙。十番の大人にぴったりの名店だ!
中目黒駅から徒歩3分に位置するフレンチレストラン。
『銀座レカン』『ロオジエ』といった、確かなキャリアを持つシェフの津野さんが腕を振るう。
カウンター9席の他、コの字カウンター仕様の個室も備える。
「渋谷マークシティ」の裏手の一角にあるネオ居酒屋。料理も酒も空間も、多彩な選択肢を持つのが魅力。
カラフルな店内にはスタンディング、カ
ウンター、テーブルとさまざまな席が。行くたびに新鮮な気分に浸れるから、通いたくなること確実だ!
麻布十番にあるイタリアンの名店。
イタリアンの本質を追求してきたシェフの鈴木さんは、現地の技を踏襲するのではなく、一度、咀嚼してから要素を見極め、自分流の料理に仕上げている。
キッチンを望めるカウンターは、常連に人気の特等席だ!
1988年創業以来、常にイタリアンの最前線を走る麻布十番の名店。
正統派リストランテだが、好きなようにアラカルトで楽しめるのが嬉しい。
この店の常連であった故・志村けんさんも訪れるたびに必ず頼んだ「うにのリゾット」は一度は味わいたい一品。
麻布十番にある24時までシャンパンとパフェを楽しめるギャラリーバー。
パリをイメージして作った内装は、高級感が満点で大人の空気が流れる。
表向きには〝会員制ギャラリーバー〞だがHPの二次元コードからLINEを送れば入店可能だ!
麻布十番商店街から少し離れた地下に潜む焼き鳥の名店。
仄暗い店内にダークブラウンのカウンターというデートに向く設えも先駆的で、開店当初からワインとのマリアージュを提唱している。
さまざまな点で街と時代をリードしてきた名店だ!
1948年から代々続く鴨の名店が、2022年12月に麻布十番に移転。
希少な「鷹匠鍋」で焼く鴨肉を提供する店として人気だ。身は火を通し過ぎずジューシーに、脂はカリッとさせる大将による火入れは絶妙。一度知ったら他へ行くのに気乗りしなくなるほどの魅力を放つ!
関西の食通たちが支持する天ぷら割烹の東京進出店がこちら。6席のみの隠れ家で神戸の食材も扱うフルコースを提供。
白木のカウンターなどからなる上質な和の空間に現代アートが調和した店内もユニーク。
高級フリーフローが楽しめるのも麻布十番らしい。
麻布十番にある「やま幸」が手がけるワインバー。
厨房を囲む湾曲したカウンターには、IHがはめ込まれ、料理長が目の前で調理する光景を楽しめる。
料理はコースとアラカルトがあり、まぐろの刺身やカツレツ、トロたく巻きを単品でも頼めるのが嬉しい!
「旧テレ朝通り」から30mほど入った場所にある人気中華料理店。
シンプルだが洗練された味わいで話題を集め、瞬く間に予約困難店に。
港区を代表する屈指のカウンター中華と言える一軒だ。
元麻布3丁目にある人気イタリアン。
店内には、カウンターとテーブル、個室があり、あらゆるシーンに対応。
早い時間はコースで、21時以降はアラカルトも楽しめるから使い勝手も抜群。こんな店がひっそりあるのが、元麻布3丁目の強さなのだ!
看板でもあるパスタを、コース内で常時10種、さらに20gというポーションから楽しめる、という珍しさで話題を集めたイタリアン。
メニューはコースが基本だが、21時以降はアラカルトも可能。
元麻布3丁目の入門の一軒として、ぜひ訪れてみて。
麻布十番にあるすっぽん料理店。
店内はL字型のカウンター席のみ。
30歳の若き店主・新田さんが手がけるコースを彩る皿の数々は、すっぽんの山椒焼きや茶碗蒸し、竜田揚げなどのす
っぽん尽くしだ!定番の鍋もここでは「白湯仕立て」なのが新しい。
東麻布の通り沿いにあるアシェットデセールが楽しめるお店。
アシェットデセールとはフランス語で、「お皿に盛り付けたデザート」のこと。
店内には、ゆったりとしたカウンター席中心の空間が広がり、作られていく工程を目の前で見られるのも楽しい。
麻布十番の大人たちに愛された『サヴォイ』が手がける薪窯料理店。
キッチンに鎮座するのは特注の薪窯。この窯にナラの薪を入れ、突き上がる炎の高温で食材を焼いていく。火入れの臨場感もたっぷりのカウンターは、デートにもぴったり!
表に看板はなく、建物の奥まで行かないと入口もわからない究極の隠れ家鮨店。
カウンターには樹齢300年以上の檜の一枚板を使うなど見事な設えが整えられているが、店主・平さんの人柄もあり、店内は終始、穏やかな雰囲気。
訪れて、ぜひその温かさを感じてみて。